生活保護「月の生活費たったの7万」これに嫉妬している層とは一体なんなのか?

コロナにより生活困窮者が爆増して久しい。それによって生活保護に対する偏見も徐々に減ってきた。それでも生活保護受給者に対する偏見は多い。生活保護を批判する彼らはどんな生活をしているのだろうか?

生活保護の真実

・月の生活費は7万。それから水道光熱費や食費通信費を捻出する。家賃は別途支給されるが、東京都でも5万円まで。この家賃ではボロボロのアパートにしか住めなく、よくある「生活保護の生活は楽しく楽々」なのは幻想である。

・不正受給は全体の1〜4%程度で、その多くは収入の申告漏れによるもの。「働けるのに受給している」という不正受給者は実は相当少ない。メディアの印象操作。

・受給者の8割は高齢者・障害者・母子家庭。

・資産がなく、収入が基準以下なら「誰でも」受給できる。

生活保護の偏見はまだまだ多い。困窮者最後のセーフティネットは、なにがなんでも維持しなくてはならない。

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。